デザインの勉強を実践へ!自分の企画を立案・進行する北海道日本ハムファイターズのインターン

株式会社北海道日本ハムファイターズ

SUMMER JOB FESTA 2023に出展!

2023年6月28日(水)に行われたオンライン・インターンフェス『SUMMER JOB FESTA 2023』に、北海道日本ハムファイターズでインターン中の小鍛冶 さんが登壇。実際のインターンでの取り組みを語ってくれました!

インターン生からのメッセージ

札幌大谷大学 芸術学部 美術学科2年の小鍛冶 紗寧と申します。

エスコンフィールドに行きながら、北海道日本ハムファイターズで長期インターンをしています。

インターンを始めたきっかけ

私は小さい頃から、ファイターズに関するあらゆることに応募するくらいファイターズが好きでした。いろいろファイターズのことを調べていく中で、長期インターンシップがあることを知り、昨年2022年9月から2023年6月現在の8ヶ月間、インターンをやっています。

私は大学でデザインを主に学んでいます。高校生の時に理想のタオルを募集するという企画があり、実際に応募した自分のデザインしたものが商品になったことがありました。

その時の「自分のデザインしたものが商品になる嬉しさ」が残っており、そういうことがまたできたらいいなと思い、北海道日本ハムファイターズでインターンを始めました。

学校での勉強を企業で実践「実力がどんどん上がっている」

私が長期インターンを始めてから半年ぐらいで取り組んだことは、大学でデザインを学んでいることもあり、ロゴ制作や、ホームページで使うバナー制作、チラシ作成、カメラマンとして、イベントの写真撮影をしました。大学の授業でやっているデザインや写真撮影の勉強を、実際に企業で実践する機会になっています。 もともと学校で学んでいるということもありますが、インターンでの実務を通して、常にプロジェクトを継続し続けることで、「自分の実力がどんどん上がってきている」と肌で感じています。

2023年1月〜6月現在はファンアートの企画を考えています。自分が過去に応募していたタオルの企画に似ていますが、選手とつながるファン参加型の企画です。

#選手に届けるファンアートを募集

https://www.fighters.co.jp/news/detail/202300367882.html

インターン中に学んだこと

この長期インターンをやっていく中で学んだことは、インターンの期間中、前半はチラシを作ったりロゴを作る製作側でした。現在はプロジェクトを企画していく中で、1つ1つのプロジェクトに、本当にたくさんの人が関わっているということを肌で感じています。

「ファイターズ」と聞くと野球のイメージが強いと思いますが、 他にもウォーキングやスキーのイベント、エゾシカに関係した事業など、たくさんの事業を多岐に渡って行なっています。 私のようなデザインを学ぶ学生を対象に『少年野球チームのユニフォーム制作』も事業の一つとしてあります。野球が好きな人以外からも、北海道中、日本中から愛されるようなチームだと学びました。

株式会社北海道日本ハムファイターズ

  • VISION
  • MISSION

スポーツを通してコミュニティを創造する

北海道日本ハムファイターズでは、企業理念の「Sports Community」を実現させるため、スポーツを取り巻く環境を整え、地域社会の未来を創造していくことを目的に、従来のCSR活動を「SC活動」と改称し、野球をはじめとするスポーツ振興や社会的課題の解決を図り、人と人の心がつながるコミュニティづくりに挑戦しています。

スポーツのチカラで北海道の課題解決に挑戦する

SC活動を中心的に担う広報部SCグループでは、日々プロスポーツチームだからこそできることを考え、スポーツの力を使った地域の課題解決に挑戦する様々な企画実施をしています。担当者(笹村)の右腕として「やりたいけど、手をつけられていないプロジェクト」や「もっと深堀りしていきたい事業」の担当者となり、プロジェクトを共に推進し、価値を高めていくメンバーを募集します。

経験者の声

  • インターン経験者の声
  • コーディネーターの声
  • 受入企業の声

学生の声

インターンでの実務を通して、「自分の実力がどんどん上がってきているな」ということを肌で感じています。1つ1つのプロジェクトに、本当にたくさんの人が関わっているなと感じ、北海道中、日本中から愛されるようなチームなんだなと学びました。
札幌大谷大学 芸術学部 美術学科2年/小鍛冶 紗寧

コーディネーターの声

小鍛冶さんが取り組んでいる企画はほぼ彼女に任されています。企画を提案をするところから、実際に社内で通し、予算付けが行われています。企画担当者として、1〜2ヶ月かけて作り上げ、ようやく今公開しているという状態です。企画進行にヒリつく感覚もあると思いますが、自分の作った企画が形になる面白さを感じていると思います。
NPO法人北海道エンブリッジ 代表理事 浜中 裕之

受入企業の声

長期インターンとして、学生をこれまで3名受け入れています。ファイターズを通じて「スポーツで人が近くなる」ことを体感してもらい、学生といろんな形で協働し関わっていきたいと考えています。
株式会社北海道日本ハムファイターズ 広報部 SCグループ/笹村 寛之

お問い合わせ

このプロジェクトに応募したい、話を聞いてみたい方は、お気軽にお問い合わせください!

プロジェクト内容はこちら

お問い合わせはこちら

NPO法人北海道エンブリッジ

「社会と学生をむすび、未来の選択肢を拡げる」をミッションに、インターンシップをはじめ、多くのプロジェクトに取り組む。

関連記事

新着プロジェクト情報

  1. 介護×ITで未来を創る!急成長SaaSスタートアップ(資金調達済み)の最前線で共に挑戦し、圧倒的な成長をしませんか?

  2. 海の資源と生活を繋ぐ。水産の担い手を発掘する人事部・経営企画プロジェクト!

  3. 地球上をあまねくインターネットで繋ぐ。新規事業のSNS担当者を募集。

経験者の声

  1. TikTokやYouTube ShortsなどSNSを運用。フォロワー100人を目指しています!フードバンク イコロさっぽろのインターン

  2. 自然を活かした新しい新商品・企画を学生と考える!株式会社はなえみのインターン

  3. デザインの勉強を実践へ!自分の企画を立案・進行する北海道日本ハムファイターズのインターン

新着イベント 事例紹介
  1. 2024/6/29(土)北海道の長期実践型インターンシップ・マッチングフェア『MY TERN(マイターン)』

  2. 2023/12/13(水)オンライン・インターンフェス 〔SPRING JOB FESTA 2023 〕北海道の働きかた未来市

  3. オンライン・インターンフェス 〔SUMMER JOB FESTA 2023 〕北海道の働きかた未来市

  1. 2024/6/29(土)北海道の長期実践型インターンシップ・マッチングフェア『MY TERN(マイターン)』

  2. 2023/12/13(水)オンライン・インターンフェス 〔SPRING JOB FESTA 2023 〕北海道の働きかた未来市

  3. 保護中: インターンシップに受かる志望動機の書き方を教えてください

地域別プロジェクト情報